東京藝大 メディア映像専攻「MEDIA PRACTICE 17-18」開催


[横浜市]



年次成果発表会、横浜で1月12日から

東京藝術大学大学院映像研究科と横浜市文化観光局は、連携・協力して文化芸術創造都市づくりを推進し、その一環として地域貢献事業に取り組んでいます。

この度、メディア映像専攻では「MEDIA PRACTICE 17-18」と題して、修士課程修了制作展および修士1年次成果発表をBankART Studio NYKにて開催します。

修士1年は、約1年間を通して行われてきた研究や制作の成果を発表し、修士2年は、大学院での集大成を発表します。出展される個々の作品を通して、いま学生たちが感じている怯え、抱いている関心、切り開こうとしている表現の可能性を実感して頂ける機会となっています。

[画像: https://prtimes.jp/i/13670/394/resize/d13670-394-692514-0.jpg ]


<イベント概要>
MEDIA PRACTICE 17-18
東京藝術大学大学院映像研究科 メディア映像専攻
年次成果発表会
《修士課程修了制作展|修士1年次成果発表》

会期:2018年1月12日(金) ~15日(日)
時間:11:00-19:00 ※入場は18:30まで
入場:無料

会場:BankART Studio NYK
主催:東京藝術大学大学院映像研究科 横浜市文化観光局
連携:フォト・ヨコハマ2018

その他の詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.fm.geidai.ac.jp/media-practice/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ