教育機関のためのIT フェア「教育IT ソリューションEXPO」に出展


[キヤノンMJ]



キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、2018年5月16日(水)から18日(金)に東京ビッグサイトで開催される国内最大級の教育機関のためのIT フェア「教育IT ソリューションEXPO」(通称:EDIX)に出展します。

[画像: https://prtimes.jp/i/13943/372/resize/d13943-372-993394-0.jpg ]

昨年、文部科学省から教職員の働き方改革で緊急対策が打ち出され、各教育機関では教員の業務分担や適正化、環境整備など、業務効率化を目的としたIT 活用が検討されています。キヤノンMJグループは、文教市場で培った
IT 基盤システムの開発・構築・運用のノウハウをもとに、2014年より独自開発した教育支援情報プラットフォーム「in Campus Series」を展開しきました。本ソリューションは学生や教職員が情報を共有・発信ツールとして活用でき、最適な授業環境を提供します。
 本イベントでは、「in Campus Series」をはじめ、スマートディバイスの有効活用や持ち込みPCに対するセキュリティ対策、校務管理の負荷低減など教育の現場が抱える課題を解決するソリューションを展示します。また、ブース内ステージでは、明治大学や電気通信大学、近畿大学の導入事例を紹介します。
 
■開催概要
・開催日時:2018年5月16日(水)~ 18日(金)10:00 ~ 18:00
・会 場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)西ホール
・主 催:リードエグビションジャパン株式会社
・ブース位置:学校業務支援ゾーン(小間番号3-40)
・出展会社:キヤノンマーケティングジャパン株式会社、
      キヤノンIT ソリューションズ株式会社、
      キヤノン電子テクノロジー株式会社
・ウェブサイト:canon.jp/event/exhibition/edix-expo-2018/

■展示概要
「in Campus Series」を中心に、教育機関の課題解決を提案するソリューションを展示します。
1.「 in Campus Portal」
 情報の窓口である学内ポータル「in Campus Portal」は将来のIT の進化を視野に入れ、機能追加やシステム拡充に対応できる柔軟性の高いシステムです。
2.「 in Campus LMS」
 学習管理システム「in Campus LMS」は、時間割や資料の配布、レポート提出など、授業をサポートする多彩な機能をカスタマイズできます。 ※ LMS:Learning Management System
3.「 in Campus Portfolio」
 学生が主体的に自身の学習成果を振り返ることができ、きめ細かい学修支援を効果的に行うことが出来るポートフォリオです。
4. 「in Campus Scan」(新ソリューション)+ カラー複合機「imageRUNNER ADVANCE C3530F」
 AI を活用したOCR により手書きのテストやレポートの採点を集計し、学生ごとのフォルダに採点結果を振りわけるなど業務の効率化を実現します。さらに業務を簡略化できるキヤノン製の複合機との連携ソリューション(2018年提供予定)も紹介します。
5.「 in Campus Device」
 Mac、Windows、Linux 等のOS が混在する運用管理を一括で実現でき、脆弱性対策も迅速に行えます。
6.「 MotionBoard」「 Dr.Sum」(ウイングアーク社製)
 学内に蓄積した膨大なデータを分析、可視化できるBI ツールをベースにした分析ソリューションです。
7.「 NetSketeKoban」(サイバー・ソリューションズ社製)
 不正に接続された端末を検知し遮断するソリューションで、学内ネットワークに接続される個人所有のPC やスマホへのセキュリティ対策として活用できます。
8.「 Cisco DX80」「 Cisco Meraki」「 Cisco Umbrella」「 Cisco Clarity」(AMP for Endpoint)iOS デバイス上のネットワークトラフィックを可視化することで、学内外にかかわらず安全な通信を実現します。
9.「 SCHOOL AID」+カードプリンター「CX-G2400」
 生徒情報の管理や成績管理など業務の効率化を促進し、またシステム連携による各種証明書の発行など事務員の業務負荷も軽減可能なシステムです。
10. ポートフォリオの将来像< 参考展示>
 写真や動画を活用した「こどもの非認知能力の可視化」による育成支援ソリューションを参考展示します。

■ ステージ
ブース内ステージでは3日間の会期を通してプレゼンテーションを実施します。
<大学の事例紹介>
1.タイトル:あのマグロ大学が本気で省エネに取り組んだら!?
日 時:5/17(木)14:00 ~ 14:20, 5/18(金) 11:00 ~ 11:20
登壇者:近畿大学 管理部 省エネ推進課 米本桂子様
概 要:近畿大学での先端的な省エネの取り組みについて。

2.タイトル:自動化で迎え撃つ電気通信大学の情報セキュリティ対策
日 時:5/16(水)11:40 ~ 12:00, 14:00 ~ 14:20
登壇者:電気通信大学 准教授 土屋英亮様
概 要:堅牢な情報セキュリティと人的な省力化を両立した事例を紹介。

3.タイトル:全学ポータル,学修支援システム
~明治大学Oh-o!Meiji システムの導入・活用事例紹介~
日 時:5/18(金)12:00 ~ 12:20, 14:00 ~ 14:20
登壇者:明治大学 情報メディア部メディア支援事務室 筧直之様
概 要:明治大学における学内ポータルと学修支援システムの導入から活用まで。

その他、各ソリューションの紹介プレゼンテーションを行います。
詳細はウェブサイトをご覧ください。
canon.jp/event/exhibition/edix-expo-2018/

● 報道関係者のお問い合わせ先:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
広報部 パブリックリレーションズグループ 03-6719-9093(直通)
● キヤノンイベント情報サイト: canon.jp/event/exhibition/edix-expo-2018/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ