WFPチャリティーエッセイコンテスト2018 応募総数は過去最多の1万9,291作品


[国連WFP]



~7万7200人の子どもたちに学校給食が届く~

WFP国連世界食糧計画を支援する認定NPO法人、国連WFP協会(横浜市)は10月12日(金)、「WFPチャリティーエッセイコンテスト2018」の表彰式を開催しました。
本コンテストへの応募総数は過去最多の19,291作品、寄付金総額も応募総数に応じて過去最高の231万4,920円となり、7万7,164人の子どもたちに栄養価の高い給食を届けられることになりました。

今年は「おなか空いた、なに食べよ!」をテーマに7月1日~9月7日の間、小学4年生から大人まで幅広い世代を対象に作品を募集。応募1作品につき、給食4日分にあたる120円が、寄付協力企業(※)より国連WFPに寄付されます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/9064/239/resize/d9064-239-826074-0.jpg ]


表彰式では審査委員長を務める音楽評論家の湯川れい子氏が「家族愛や食にまつわる思い出などバラエティに富んだ素晴らしい作品が集まり、審査員も涙するほどでした」と全体を講評。また湯川さんのほか、審査員を務めた三浦豪太さん、ふなっしーさんが、各賞の受賞者に賞状と賞品を手渡しました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/9064/239/resize/d9064-239-405187-1.jpg ]


最優秀賞となる「WFP賞」を受賞した作品は「おなかすいた 何食べよ!」。マレーシアで目にしたラマダン(断食)で感じたことを基に、飢餓問題の解決に向けた自分なりの考えをつづりました。
受賞した中学1年生、野田有沙さんは表彰式で「(世界中の人に食料が行き渡り)『おなかすいた、何食べよ』と食べ物を選べる時が来るよう、これからもボランティアなどに参加したいです」と喜びを語りました。

また応募数が最も多い学校・団体に贈られる「WFP学校給食賞」には、応募数が1,000通を超えた京都学園中学高等学校(京都府)が2年連続で選ばれました。

※寄付協力企業 昭和産業(株)、トヨタ自動車(株)、日清食品ホールディングス(株)、三菱商事(株)

◎入賞作品および審査員の各コメントは、専用ウェブサイト(http://www.wfpessay.jp/2018/result.html)に掲載しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/9064/239/resize/d9064-239-859395-2.jpg ]


受賞者一覧
【WFP賞】 
おなかすいた 何食べよ!
東京都 東京学芸大学附属国際中等教育学校 
1年 野田 有沙(のだ ありさ)

【小学生部門賞】
菜園の宝物
神奈川県 湘南白百合学園小学校 
5年 柴田 杏樹(しばた あんじゅ)

【中学生・高校生部門賞】
お弁当からのエール
東京都 連雀学園三鷹市立第一中学校 
2年 日置 七瀬(ひおき ななせ)

【18歳以上部門賞】
わけっこ
兵庫県 30代
大恵 やすよ(おおえ やすよ)

【審査員特別賞】
(小学生部門)
おばあちゃんの冷や汁
神奈川県 カリタス小学校 
4年 木下 亜里紗(きのした ありさ)

(中学生・高校生部門)
立場や状況で変わる食べ物の重み
宮城県 仙台市立高森中学校
1年 熊谷 凌風(くまがい りょう)

(18歳以上部門)
祖母のふ菓子
埼玉県 30代
小松崎 潤(こまつざき じゅん)※授賞式は欠席

【WFP学校給食賞】
京都学園中学高等学校
中村 優公(なかむら まさひろ)

<開催概要>
【主催】 認定NPO法人 国連WFP協会
【テーマ】 「おなか空いた、なに食べよ!」
【題名】 自由
【部門】 1.小学生部門(4・5・6年生) 2.中学生・高校生部門 3.18歳以上部門
【募集期間】 2018年7月1日(日)~9月7日(金)
【各賞】 1.WFP 賞(最優秀作品)1名 2.各部門賞 1名ずつ 3.審査員特別賞 各部門1名
4.佳作 各部門5名 5.WFP学校給食賞(応募数上位の学校・団体)

【発表】 2018年10月12日(金)
【賞品】 WFP 賞・部門賞・審査員特別賞受賞者には表彰式で賞状と賞品を進呈。
佳作受賞者には郵送。WFP学校給食賞受賞校・団体には賞状を郵送。

【応募総数】1万9,291通
【寄付総額】231万4920円
■WFPエッセイコンテスト専用ウェブサイト:http://www.wfpessay.jp/2018/

<国連WFPとは>

国連WFPは、国連機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、広報・募金活動のほか企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。www.wfp.org/jp


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ