愛知大学の学生と商品開発!新城市の魅力がたっぷり詰まった和菓子が誕生


[中日本エクシス株式会社]



中日本エクシス株式会社

NEXCO中日本 名古屋支社(名古屋市中区、名古屋支社長・近藤 清久 )と中日本エクシス株式会社 名古屋支店(名古屋市中区、名古屋支店長・佐藤 文博 )は、愛知大学(名古屋市東区、理事長・学長・川井 伸一地域政策学部および有限会社製菓と、新城市の地域資源を活かした和菓子「からくり姫だんご」を共同開発し、12月14日(木)より、E1A新東名高速道路長篠設楽原パーキングエリア(PA)上りおよび下りで販売しております。
この共同開発は、愛知大学地域政策学部が地域貢献事業の一環として、学生グループ「みちまるくん」を立ち上げスタートしたもので、長篠設楽原PAのコンセプトである「戦国」にマッチし、さらに「新城市をもっと知ってもらおう」という学生たちの思いを乗せて新たな商品を検討し、長篠設楽原PAのテナントである株式会社安全(上り)・株式会社KRフードサービス(下り)の監修のもと、新城市内の老舗和菓子店(有)東御河屋製菓が製品化しました。
開発にあたっては新城市に同市の歴史や特産品について学生へレクチャーいただいたほか、市内農産物の生産者の紹介、原材料調達などにおいてもご協力をいただきました。
新城市の知られざる魅力がたくさん詰まった新商品「からくり姫だんご」をどうぞ、ご賞味ください。
お出かけの際にはぜひ、長篠設楽原PAへお立ち寄りください。
◆商品概要◆ 新城市の特産品がそれぞれ詰まった3種類のくずもち団子

【商品名】からくり姫団子
【発売日】2017年12月14日(木)
【販売エリア】※長篠設楽原PA(上り・下り)
【価格】540円(税込)3個入り 各日数量限定生産


八名丸餡


あいちの伝統野菜”にも指定された新城市産の里芋「八名丸」を使用したみたらし風の餡に、ゴロゴロ入った里芋がアクセント。八名丸餡は東御河屋が長年の苦心の末に完成させた一品です。


新城茶と小豆


新城市産の茶葉を使用した餡に小豆を散らせた一品。抹茶の風味が広がります。


干し柿チーズ 


新城市産の干し柿に洋風チーズクリームがベストマッチ。学生のアイディアが光る一品です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5505/238/resize/d5505-238-711776-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/5505/238/resize/d5505-238-446774-1.jpg ]


※からくり姫団子は長篠設楽原PA(上り・下り)および(有)東御河屋製菓(店舗名:とみかわや杉山総本店)にて販売予定です。

◆マスコミ様向け情報取得サービス「NEXCO中日本SA・PAデータガレージ」では、新聞・雑誌に転載が可能な高画質の写真データを配信しています。

▼ご利用はこちらから▼
https://sapa.c-exis.jp/dl/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ