【社会貢献活動】ライフプランニング授業の実施校が1,000校を超えました


[ソニー生命保険株式会社]



ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長:萩本 友男 以下「ソニー生命」)では、平成18年度より、これから社会へ羽ばたく生徒・学生に向けて、ライフプランニングの体験学習「ライフプランニング授業」を実施しています。夢を持つことの大切さを実感してもらいたいという想いのもと、当社のライフプランナー(営業社員)が講師を勤め、平成28年度で実施校数が全国で延べ1,000校を超え、1,045校となりました。当社は今後とも社会貢献活動の一環として、本取組を続けてまいります。

1.ライフプランニング授業の目的
当社では、お客さまの人生に最適な保障を提供するために、お客さまの夢や将来に関するお考えをお聞きし、お客さまとともに具体的な人生の設計図を描くライフプランニングを大切にしています。
ライフプランニング授業では、ライフプランニングを通じて、これから先の長い人生における自分の夢やありたい姿を描いてもらうことで、生徒・学生たちに、人生を計画的に生きることの大切さや、夢に向かって努力することの大切さを感じてもらうことを目的としています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3638/142/resize/d3638-142-367575-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/3638/142/resize/d3638-142-978080-1.jpg ]

2.ライフプランニング授業の実施状況(平成29年3月末現在)

[画像3: https://prtimes.jp/i/3638/142/resize/d3638-142-118976-3.jpg ]


3.ライフプランニング授業の流れ
【1時間目】ライフプラン作成
ライフプランナーが講師となり、生徒・学生をサポートしながら、ともにライフプランニングを行っていきます。
授業は、仮想のカップルが結婚している状態からスタートします。「子どもの誕生や進学プラン」「住宅購入プラン」「家庭の収入」「毎月の支払」「家族の夢」といった項目をひとつずつ整理し、将来実現したい計画や夢を描いていきます。

【2時間目】ライフプラン検証
描いた人生で必要となる資金などライフプランの経済的な側面に関して、ライフプランナーが当社独自のシミュレーションソフト「LiPSS」を使用しながらアドバイスを行います。家計の収支や貯蓄などの経済的な観点からライフプランを検証し、実現に向けたコンサルティングを行うことで、夢や目標達成のために何が必要であるのかを、より現実的に生徒・学生たちに感じてもらうことができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/3638/142/resize/d3638-142-179265-2.jpg ]

4.ライフプランニング授業のはじまり
「ライフプランニング授業」は、学校からのご要望にお応えするために、当社が独自にプログラムを開発して実施しています。
きっかけは、島根県にある高校の先生が、学校での授業の教材を探す中で、当社の「ライフプランニング」という考え方に出会い、ライフプランニングの授業を学校で企画することができるか、当社にお問い合わせいただいたことでした。
先生からのご依頼を受けた当社は、すでに長崎県の五島列島の高校の先生からのご依頼を受けてライフプランニングの授業を実施していた長崎のライフプランナーに、実際的なアドバイスを求めながら、授業で使用するテキストや授業方法を検討しました。そして、当社独自のシミュレーションソフト「LiPSS」を使用した「ライフプランニング授業」を企画し、ライフプランナー2名が講師となって実施したのが始まりです。
ライフプランニング授業を初めて実施してから10年以上経過しましたが、日ごろライフプランニングを通じてお客さまのお話を伺っているライフプランナーが講師となっているため、授業の内容が実践的で具体的にイメージしやすいと多くの学校の先生や受講生の方々からご好評いただいています。

5.受賞歴
経済産業省主催第4回キャリア教育アワード(平成25年度)において「最優秀賞(経済産業大臣賞)」を受賞しました。
「キャリア教育アワード」は、経済産業省が企業や経済団体による教育支援の取組を奨励・普及するために平成22年度に創設された表彰制度で、各企業・経済団体の取組の主体により3部門(「大企業の部」、「中小企業の部」、「地域企業協働の部」)で構成されています。
第4回キャリア教育アワードには60件の応募があり、その中から「ライフプランニング授業」が、「大企業の部」において最も優秀と認められる取組に付与される「最優秀賞(経済産業大臣賞)」を受賞しました。

~生徒の声(授業後の感想文より)~
■(ライフプランニング授業を受ける前は)まだまだ自分は、将来家族ができたり、家を買ったりなんか全く考えられないし、実感できないと思っていました。だけど(ライフプランニング授業を受けた後は)将来のために今やることが意外にも少しずつ見えてきて驚きました。
■将来、あの大学にいきたい、この職業に就きたいと簡単に思っていましたが、この授業を受けて「そんな簡単にいかないな」と真剣に考えるようになりました。これからは、ただ進路を決めるだけではなく、自分の将来計画をたてて充実した人生を送っていきたいと思いました。
■ 今はしっかりと夢を持って(大きい夢も小さい夢も)いるので、今後もしっかりとその夢を継続して持ち続けて頑張っていきたいです。
■ 私の夢である翻訳家になるために、苦労や努力をして夢をかなえたいと思います。
■ 自分の両親は自分のためにこんなにお金をかけていろいろなことをしてくれたのだと感謝しました。今度は自分が世に出たときに、頑張って働いて自分を支えてくれた両親のために、恩返しをたくさんしたいです。


<ご参考>ライフプランニング授業の紹介サイトURL
http://www.sonylife.co.jp/volunteer/lp/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



お知らせ
PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

| プライバシーポリシー | よくあるご質問 |