スウェーデン発 世界中で読まれているロングセラー! 算数・数学への興味関心を育む学習読み物『北欧式 眠くならない数学の本』を発売!


[株式会社 三省堂]



~手と体を動かして、数学の面白さを実感しよう~

株式会社三省堂(本社:東京都千代田区、代表取締役:北口克彦)は、書籍『北欧式 眠くならない数学の本』を2018年6月8日(金)より発売します。本書は、公式を覚えるのではなく、自分の手足を動かして数の世界の面白さに触れていく、北欧でロングセラーの学習読み物です。(書店への入荷日は地域によって異なる場合があります。入荷日については各書店へお問い合わせください)。【URL】http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/gen/gen6edu/nemnaranmath/

[画像1: https://prtimes.jp/i/14647/47/resize/d14647-47-421233-0.jpg ]


算数・数学の楽しさを子どもたちに伝える名人が書いた、世界中で親しまれている学習読み物。


あなたは「数学ってつまらないし、難しい」って思ったことはありますか? 「嫌い」「自分の生活には関係ない」って決めつけてはいませんか? 実はわたしも同じように考えていました。数学が何なのか、気づくまでは。―――クリスティン・ダール(「はじめに」より)


本書は、公式を覚えるのではなく、自分の手足を動かして数の世界の面白さに触れていく学習読み物です。算数・数学の楽しさを子どもたちに伝える名人による文章と、北欧を代表する絵本作家による図解が、読者を身近な世界から算数・数学の思考に誘う、「眠くならない」内容構成が特長です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/14647/47/resize/d14647-47-823034-1.jpg ]

本書では、相手の思考を読むマジックみたいな数遊びをしたり、正方形のパズルを並べたり、松ぼっくりやひまわりのらせんの数を数えたり、はさみやのりなどを使ってメビウスの帯を作ったりと促されます。身近な素材を使ってできる簡単な作業をすることで、算数・数学が生活の中で役に立っていることに自然と気づかされます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/14647/47/resize/d14647-47-394494-2.jpg ]

また本書では、古代ギリシャのピタゴラス、スウェーデンのヘルゲ・フォン・コッホ、イタリアのフィボナッチといった数学の歴史上の偉人も紹介されていて、伝記を読んでいるような楽しさも味わえます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/14647/47/resize/d14647-47-797075-3.jpg ]

本書の作者は言います。だれだって、数学者なのだと。数学の言葉の助けを借りることで、身のまわりのものを言い表すことができるようになると。そんな作者の願いがこもった『北欧式 眠くならない数学の本』を、お子さんと一緒に楽しんでください。

本書はスウェーデンで1994年に出版され、4万部(スウェーデンの人口はおよそ990万人。4万部を日本の人口に換算するとおよそ51万部)を記録し、20年以上も読まれ続けているロングセラーです。ドイツ、韓国、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、トルコ、イタリア、セルビアなど世界中で翻訳出版されています。日本語版の出版にあたっては、スウェーデン文化庁 Swedish Arts Council から翻訳にかかわる費用の助成を受けております。

『北欧式 眠くならない数学の本』 はこんな人におすすめ!


小学校高学年から中学生までのお子さんに特におすすめ。
新鮮な驚きに満ちた本です。もちろん大人が読んでも新たな発見があるでしょう。


編著者略歴
クリスティン・ダール【著】
作家・編集者。高校の数学科で学んだ後、数学教師をめざしてウップサーラ大学で数学を専攻。しかし数学が日常生活とはかかわりのない机上の空論のように思え、中退。ストックホルムのグラフィックの学校やジャーナリスト養成大学で学び、研究と進歩(Forskning&Framsteg)社の代表・編集者になる。主な著書に、『いっしょに計算しよう』、本書、『算数で遊ばない?』など。その作品は、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、韓国などで翻訳出版されている。

スヴェン・ノードクヴィスト【絵】
1946年スウェーデン南西部のヘルシンボリ生まれ。スウェーデンを代表する絵本作家。『おねえちゃんはどこ?』(岩波書店)は2007年アウグスト賞受賞。『フィンドゥスの誕生日』(ワールドライブラリー)、『フィンダスのクリスマス』(宝島社)、『め牛のママ・ムー』(福音館書店)など邦訳も多く刊行されている。

枇谷玲子(ひだに・れいこ)【訳】
1980年富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。児童書を中心に北欧の書籍の紹介に注力している。主な訳書に、『キュッパのはくぶつかん』(福音館書店)、『カンヴァスの向こう側』(評論社)、『サイエンス・クエスト――科学の冒険』(NHK出版)、『自分で考えよう 世界を知るための哲学入門』(晶文社)などがある。埼玉県在住。

『北欧式 眠くならない数学の本』 商品概要
書名:北欧式 眠くならない数学の本
著者:クリスティン・ダール 著 スヴェン・ノードクヴィスト 絵 枇谷玲子 訳
定価:本体1,400円+税
体裁:A5判/128ページ/オールカラー
ISBN:978-4-385- 36158-1
発売日:2018年6月8日(金)より
(書店への入荷日は地域によって異なる場合があります。入荷日については各書店へお問い合わせください)

【店頭用POPのPDFダウンロードはコチラ】
https://prtimes.jp/a/?f=d14647-20180606-1005.pdf

【ネット書店でのご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4385361584
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15472173/
・honto https://honto.jp/netstore/pd-book_29059388.html
・紀伊國屋書店ウェブストア https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784385361581
・三省堂ウェブショップ http://shop.sanseido-publ.co.jp/item/00002352.html

【三省堂について】
会社名:株式会社三省堂
本社所在地:〒101-8371 東京都千代田区神田三崎町2丁目22番14号
創業:1881年(明治14年)4月8日
代表取締役社長:北口克彦
資本金:7,000万円
社員数 160人(2018年4月現在)
事業内容:辞書、事典、学習図書、一般図書、電子出版物、小学校・中学校・高等学校教科書の出版・販売、情報提供サービス

【社名の由来】
社名の「三省堂」は中国の古典『論語』の「学而篇」の一節「吾日三省吾身」(われ日にわが身を三省す)という言葉から採られたもので、「不忠、不信、不習について、日に幾度となくわが身を省みる」という意味です。『論語』の「三省」は「さんせい」と読みますが社名は1889(明治22)年までは「SANSHODO」と表記していました。1890(明治23)年以降は「SANSEIDO」と表記しています。

【このリリースに関するお問い合わせ】


媒体様向けプレゼントパブリシティを実施しています。小中学生・教育関連の各メディア様の紙面上(WEB含む)でのプレゼント枠に本書をご提供いたします。(各媒体様1~5冊程度)

株式会社三省堂 販売部販売宣伝課
Tel:03-3230-9562
E-mail:www-info@sanseido-publ.co.jp


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ