個別指導塾スクールIEに通う中高生100人に聞きました 親に言われてやる気スイッチがオフになる言葉 第1位「勉強しなさい!」


[株式会社 やる気スイッチグループホールディングス]



母親の言葉が子どものやる気に火をつける!?

個別指導塾「スクールIE」を運営する株式会社やる気スイッチグループホールディングス(東京・中央区)が、スクールIEに通う中高生100人に「親に言われてやる気スイッチが入った言葉、オフになった言葉」についてアンケートを実施しました。

■勉強しなさい!は、やる気スイッチオフのダントツ1位


やる気スイッチがオフになった言葉ワースト3

第1位 勉強しなさい・早くやりなさい 53%

第2位 何をやってもできない・どうせできない 18%

第3位 勉強なんてしなくていい・遊んでていい 11%

ランク外(寝転がりながら)勉強しなくていいの? ‐


やる気スイッチがオンになった言葉ベスト3

第1位 がんばって・応援しているよ 37%

第2位 このままじゃ受からないよ・しなくていいの? 30%

第3位 部活のためにがんばりな 7%

第3位 無理しないでいいからね 7%

第3位 携帯解約するよ 7%

ランク外 アプリ、アンインストールするよ? ‐

「勉強やりなさい・早くやりなさい」という回答のうち、その理由は「やろうと思っている」「やらなくてはいけないことはわかっている」がほとんどでした。わかっているのに親から言われるとやる気が低下してしまうようです。同じ勉強をするように促す言葉であっても、ただ上から「しなさい!」というよりは、「しなくていいの?」と子どもに問いかける方が、子ども自身が気づき、考えるきっかけになるようです。

逆に、夢を応援してくれたり、自分の人生のことを真剣に考えてくれているなど、自分のことを信じてくれて理解してくれていると子どもはやる気が出るようです。子どもが親のことを自分の味方だと思えるかどうかが分かれ目とも言えます。

下記のグラフによると、良い意味でも悪い意味でも、母親からの言葉が子どもに影響していることがわかります。子どもと接する時間が多い母親ほど、声掛けには意識してほしいと思います。


<調査概要>
調査方法 : インターネットによるアンケート調査
調査対: スクールIEに在籍する全国の中学生、高校生
有効回答数 : 100人
調査実施日 : 2017年10月2日(月)~2017年12月15日(金)
調査主体 : 株式会社やる気スイッチグループホールディングス調べ


■親の言葉でやる気スイッチをオンになった40%のうち、70%が母親の言葉

[画像1: https://prtimes.jp/i/28894/22/resize/d28894-22-578837-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/28894/22/resize/d28894-22-463167-3.jpg ]



■親の言葉でやる気スイッチがオフになった51%のうち、79%が母親の言葉

[画像3: https://prtimes.jp/i/28894/22/resize/d28894-22-521687-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/28894/22/resize/d28894-22-215109-2.jpg ]


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ