ライフイズテック、茨城県と共同で県内の中高生向けにトップIT人材育成プログラムを提供


[ライフイズテック株式会社]



オンライン学習教材を活用し、県内広域でプログラミング機会を創出

中高生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、未来を創造できるエキスパート人材育成を目的に、茨城県と連携し、茨城県が推進する「プログラミング・エキスパート育成事業」にプログラムを提供します。


本プログラムは、選出された茨城県内の中学生・高校生40名を対象に、ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を利用した自宅学習やメンター(大学生指導者)による個別指導、合宿型プログラミング講座を提供し、県内の広い地域を対象に次世代のIT人材育成を目指すものです。県内4会場で開催される1日体験会の参加者から、本人の意欲やスキル等により選出された40名を対象に5カ月間のオンライン学習や合宿型講座を実施します。

https://life-is-tech.com/entry/ibaraki2018/
[画像1: https://prtimes.jp/i/19771/18/resize/d19771-18-697036-0.jpg ]



ライフイズテックは、これまでも各地域で中高生向けのワークショップを数多く実施し、これまで延べ28,000名以上の中高生にプログラミング教育機会を提供してまいりました。そのノウハウを活かし、独自のメンター育成プログラム「Life is Tech ! Leaders」の仕組みを地方の大学生向けに展開し、地域ごとにハイスキルなIT人材を育成する「Tech for Local」を立ち上げるなど、プログラミング教育事業を通じた地域格差・教育格差の解消に力を入れて取り組んでいます。
県や市町村など各自治体との取り組みは年々増加しており、本年度は、昨年度実施数の2倍以上の地方自治体との取り組みが決定しています。

今回の茨城県との取り組みでは、ライフイズテックが本年4月にサービスを開始したディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を活用し、自治体向けにプログラムを提供する初の提携事例です。それだけでなく、合宿型プログラミング講座を実施し、大学生メンターの指導も受けながら参加者がさらに学びを深めることができる機会を提供します。参加者は、オンライン学習とリアル学習を融合させながら、最終的には自分だけのオリジナル作品の制作と作品発表を目指します。
今回の取り組みについて、提携先である茨城県教育委員会は、「未来のトップクリエイターの卵を育てるとともに、プログラミングやITを使ったものづくりに興味がある学生の裾野を広げたい」とコメントしています。

ライフイズテックは、今後も各自治体や学校などと協力し、中学生・高校生の一人ひとりの可能性を最大限伸ばすために21世紀の新たな教育の仕組みづくりにチャレンジし続けます。


【茨城県「プログラミング・エキスパート育成事業」向けプログラム提供の概要】

スケジュール


[画像2: https://prtimes.jp/i/19771/18/resize/d19771-18-613403-2.jpg ]


対象 / 定員(一次選考)
茨城県内の学校に通学する中学生・高校生160名(40名×4会場)
※一次選考はいずれか一つの会場のみご参加いただけます。

参加費(一次選考)
無料
※二次選考通過した方のみ育成講座の参加費(32,400円(税込み))をご負担いただきます。

育成講座の内容
※一次選考、二次選考の両方を通過した40名の方のみ育成講座を受講いただけます。

5ヶ月間オンラインでプログラミングを学ぶ
・ウェブサイト制作
・メディアアート制作
・ゲーム制作

自分だけのオリジナル作品を制作
・アイデアワークショップ(1日)
・制作した作品を発表する、1泊2日のプログラミングキャンプ

大学生メンター(指導者)の手厚いサポート
・育成期間中、Life is Tech !のメンターによるサポートも実施

詳細・申込み
https://life-is-tech.com/entry/ibaraki2018/

<ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」とは>

[画像3: https://prtimes.jp/i/19771/18/resize/d19771-18-297620-3.jpg ]


子どもから大人までディズニーの世界を楽しみながらプログラミングを学べるオンライン型学習教材。
「JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader」といったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインと3つのコースを総合的に学習できます。初心者から、ご自宅のパソコンを使って学べる基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分※1の学習コンテンツを用意し、週1回2時間の学習で、約1年間学ぶことができます。ストーリーと連動した「魔法の本」、レッスン毎に届きコレクションする「オリジナルポストカード」など、オンライン学習とアナログアイテムが融合したハイブリット教材です。


■会社概要
社名  : ライフイズテック株式会社
所在地 : 〒106-0047 東京都港区南麻布2-12-3
代表者 : 代表取締役CEO 水野 雄介
事業内容: プログラミング・IT教育プログラム
      「Life is Tech!(ライフイズテック)」の企画・運営
      ワークショップ・エンターテイメントの企画・運営事業
     
公式ウェブサイト https://life-is-tech.com
ライフイズテック株式会社について https://lifeistech.co.jp
テクノロジア魔法学校 公式サイト https://www.technologia-schoolofmagic.jp/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ