体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」初の常設パークをららぽーと新三郷に2018年7月オープン!新アトラクション、みらいのデジタルボールプール「ZABOOM」を公開


[株式会社プレースホルダ]



テーマパーク事業を展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役:後藤貴史)は「リトルプラネット」初の常設型パーク「リトルプラネット ららぽーと新三郷」を7月11日(水)にグランドオープンすることをお知らせします。あわせて新三郷に登場する大型新アトラクション「ZABOOM」の概要を公開いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28192/16/resize/d28192-16-236750-0.jpg ]

※画像はイメージです

この「リトルプラネット ららぽーと新三郷」はテクノロジーと自然の共存をイメージしたデザインとなっており常設型パークでしか体験できない新アトラクションが続々と登場します。約160坪の敷地にオープン時には13のアトラクションを用意して展開いたします。そのうちの6つのアトラクションは新三郷が初公開となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/28192/16/resize/d28192-16-560046-1.jpg ]

※画像はイメージです

■新アトラクション「ZABOOM」
"泳いで、滑って、投げて、スターを集めよう!" 全身で感じよう!みらいのデジタルボールプール
30,000個以上のボールにセンサー10台、プロジェクター8台を使用しています。プロジェクションマッピングされたプールは常識を覆す幻想的な空間を演出、また心揺らぐ音楽の中で思いっきりボールで楽しめるアトラクションになっています。手の先から足の指先まで全身の触覚を刺激しつつ視覚と聴覚を刺激する映像、音楽で楽しめます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/28192/16/resize/d28192-16-615532-2.jpg ]

※画像はイメージです

【リトルプラネットについて】  公式サイト:http://litpla.com/
[画像4: https://prtimes.jp/i/28192/16/resize/d28192-16-997667-3.jpg ]



スマホやゲームとも違う、未来に触れる感覚。
大自然との触れ合いとも違う、未知との出会い。
私たちはデジタル技術を駆使して、
子どもたちの探究心や創造力を刺激する未知の体験を届けたい。
みんなが集まり、夢中になって一緒に遊ぶ。
その経験は、いつの間にか学びに変わっていくはずだから

遊びが学びに変わる星 Little Planet


「第11回キッズデザイン賞」を受賞した、AR砂遊び「SAND PARTY! 」や展開図に塗る配色で強さが変わるデジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」などファミリー向けのアトラクションが多数ある、子どもの創造力を鍛える屋内型の体験型知育デジタルテーマパーク。

【会社概要】
会社名 :株式会社プレースホルダ
代表  :後藤 貴史
住所  :東京都品川区西五反田七丁目22番17号
資本金 :3億5,615万円
設立日 :2016年9月
事業内容:デジタルテーマパーク事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL  :http://placeholder.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社プレースホルダ 広報担当:高橋
メール:info(at)placeholder.co.jp
※お手数おかけしますが(at)を@に置き換えてご連絡ください。
※記載されている社名、ロゴマーク、商品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ