世界1億人の日本語話者にするJ8日本語大学!デジタル日本語教育e-learingプラットフォームサイトの試用運転開始!日本語で無限の可能性を。


[AHR]



http://jp8.online

AHR JAPAN株式会社(本社:台湾 / 代表取締役社長:吉原明)は、台湾グループ会社”日教網路平台有限公司”にて【J8日本語大学( http://jp8.online )】オンライン日本語教育プラットフォームを5月中にサービス試用運営開始を発表します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20025/14/resize/d20025-14-677154-5.jpg ]



世界の日本語学習者を365万人から30倍の1億人に増やすことを目標に、自社開発した日本語教育特化型のE-Learningシステムを無料提供することにより、日本語教師、YOUTUBER、退職者、子育ての女性などだれでも簡単にオンライン教室を作ることができるようにします
[画像2: https://prtimes.jp/i/20025/14/resize/d20025-14-425667-0.jpg ]




日本語教育は問題ばかり

現在の日本語教育ではたくさんの問題が山積みです。現在の学習者、教育者の抱えている問題解決ができ多くの日本語話者が世界各地にいれば、海外旅行がより楽しめ、企業の海外進出が上手く進みやすくなると考えています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/20025/14/resize/d20025-14-144432-1.jpg ]




21世紀のデジタル教育時代へ

そんなわくわくした世界観で、”日本と世界を近くしたい!”という想いをサービスという形にしました。人口も減り続け、高齢化社会が進み、労働力が不足しています。これからもより問題は深刻化して行きます。10-20年後、2101年の年にもっと豊かな日本、もっと元気な日本になるため、日本語話者や日本文化・日本社会への理解がある外国人材を教育すればいいのではないでしょうか?というのは本サービスの切り口です。

インターネットの普及のおかげで、”いつでも・どこでも・だれでも”が当たり前になった今。アナログからデジタル教育へ変革の21世紀時代だと思っています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/20025/14/resize/d20025-14-426758-2.jpg ]



J8日本語大学を活用

出来ることは、
1.シンプルに実際の授業ですることはすべてPPTを作るより簡単に
2.オンラインの特性を生かした、管理・データ保存・分析等の自動化
3.相互評価をし、すべてを可視化することによる公正な教育水準向上の仕組み

機能面は、
・コース>クラス>課題(有料・無料設定)
・学生またはクラスの自動管理システム
・レベル分けテスト
・スライド、単語、文法、練習問題

▼▼クラス作成
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=TritOvOFdEQ ]


▼▼J8日本語大学の10か条
[画像5: https://prtimes.jp/i/20025/14/resize/d20025-14-594885-3.jpg ]




デジタル日本語教師が世界中で生まれる

・未来のデジタル教師の働き方を提唱したい!
・今までの教育サービスとは異なります!
・従来の形と真逆といってもいいくらい新たなスタイル!

以下とは異なります!
×オンラインレッスン、スカイプ等でのビデオ授業
×大学や日本語学校、教室での授業
×販売されているE-Learningシステム
×販売されている動画コンテンツ
×YOUTUBER
○一番の活用法は、上記と併用することにより教育効果が最大化するサポートシステムです。

[画像6: https://prtimes.jp/i/20025/14/resize/d20025-14-665386-4.jpg ]


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ