高校生で英語圏ではない国に留学すると、その後の進路やキャリアは?


[公益財団法人AFS日本協会]



6月30日、大阪にて「グローバル・キャリア・セミナー for Youth~10代から考える世界のハローワーク~」を開催

[画像: https://prtimes.jp/i/33354/8/resize/d33354-8-971141-0.jpg ]

留学できる国は世界約40か国。高校生の交換留学団体としては最大級のネットワークをもつAFSは、多様性こそが原動力であると考え、長年、英語圏に偏らない異文化学習の機会を提供しています。

今回の企画では、留学先として一般に馴染みの深い欧米/英語圏だけでなく、新興国など様々な国に留学する魅力を、進路やキャリア形成の観点から発信します。
今、日本と世界の関係はどうなっているのか、中高生の皆さんが社会にでたときにどのような力が求められるのか、中高生の今できることは何なのか…などを、パネルや文化ワークショップを通して楽しく考えませんか?

「グローバル・キャリア・セミナー for Youth~10代から考える世界のハローワーク~」概要


日程:2018年6月30日(土)15:00~17:00
場所:タカラベルモント株式会社 TB-SQUARE(ティービースクエア)
大阪市中央区島之内2-13-22
大阪メトロ長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」徒歩3分・千日前線「日本橋駅」、近鉄「日本橋駅」徒歩7分
参加費:無料
内容:オープニング・セッション、基調講演 (馬越恵美子氏/桜美林大学教授、異文化経営学会会長)、パネルディスカッション、グループワークショップ、高校留学相談会
参加方法:フォームにて申込み goo.gl/HCDEtw

主催:公益財団法人AFS日本協会
共催(予定):駐日チリ共和国大使館、駐日ブラジル連邦共和国大使館
後援(予定):在大阪チリ共和国名誉領事館(タカラベルモント株式会社内)、公益財団法人大阪国際交流センタ

AFSプログラムで留学できる国々
アルゼンチン、オーストラリア、コスタリカ、タイ、チリ、パナマ、パラグアイ、ホンジュラス、マレーシア、アイスランド、アメリカ、イタリア、インド、インドネシア、エクアドル、オーストリア、オランダ、カナダ(フランス語圏)、スウェーデン、スペイン、スロバキア、チェコ、中国、デンマーク、ノルウェー、フィリピン、フィンランド、フランス、ベルギー、ボリビア、ポルトガル、香港、メキシコ、ラトビア、ロシア、スイス、ドイツ、ハンガリー、ブラジル。2019年出発の年間派遣プログラム(第66期)は現在応募を受け付けています。
http://www.afs.or.jp/goabroad/year-programs/

【お問い合わせ先】
公益財団法人AFS日本協会 大阪オフィス
TEL 06-6309-5151 http://www.afs.or.jp/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ