バイリンガル家庭教師のお迎えシスターがグローバル教育スクール事業を開始


[株式会社Selan]



第一弾は、小学生向け「Saturday school」を5月27日(土)から中目黒で開講~全6回のグループレッスンで世界を知り、憧れのロールモデルに出会える~

バイリンガル教師による子ども向けプライベート英語レッスン「お迎えシスター」(https://omsister.com/)を提供する株式会社Selan(セラン)(住所:東京都目黒区、代表:樋口亜希)は、従来型の自宅でのプライベート英会話レッスンに加え、グループレッスン形式で、英語で世界について学び、世界と触れ合うことで、新たなロールモデルにも出会える小学生向けグローバル教育スクール「Saturday school」を5月27日(土)から中目黒で開講します。

今後は、3年以内を目処に首都圏10カ所にエリアを拡大する予定で、小学校の英語授業開始時期の前倒しによる英語の早期学習需要の高まりを受けて、新サービス開始を決定しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-220316-0.jpg ]

 「お迎えシスター」とは、バイリンガル教師が子どもを保育園や学童にお迎えに行き、自宅で英会話レッスンをするという「お迎え」×「英会話」を組み合わせた子ども向けプライベート英語レッスンサービスです。2015年1月にスタート後、共働き世帯の増加に加え、2020年度までに、全国の公立小学校で小学校3年時から英語が前倒しで必修化されることを追い風に、利用者数が直近1年で7倍に増加しています。

 また、昨今の変化の激しい社会情勢を受け、文部科学省も英語の習得だけでなく、子どもが主体的にものごとを学ぶことのできるアクティブラーニング(※)を推奨しています。お迎えシスターは当初より「子ども達にロールモデルを。」というコンセプトのもと、子どもがより多くの選択肢を持てるような環境作り及び取り組みを行ってきました。この度、当社の想いを広範囲に届けるため、子どもたちが各分野で活躍するプロフェッショナルや多様なバックグラウンドを持つバイリンガル大学生との出会いを通して、幅広い世界に触れ、視野を広げられるような環境作りを目的とし、スクールの開講に至りました。5月27日(土)オープン当日は、取材も可能です。

◆新サービス「Saturday school」概要
小学生を対象に、海外経験が豊富な講師陣がレッスンごとに設定されたテーマについて、ワークショップを取り入れた英語レッスン(2時間)をセラン中目黒本社にて行います。5月~8月までの土曜日及び日曜日の全6回の実施で、子どもたちは、興味のあるテーマの回を選択して受講することが可能です。
・開始日とテーマ:1.5月27日(土)「世界のお金のこと」 2.6月3日(土)「世界の子ども達のこと」 3.6月25日(日)「世界と繋がるプログラミング」 4.7月8日(土) 「世界と繋がるプログラミング」5.7月22日(土)「世界の民族衣装のこと」 6.8月3日(木)~5日(土)「世界と出会えるサマースクール」※この回は3日間コース 
・費用:1レッスン2時間 ¥6,300 (入会金不要)
・専用ページ: http://www.saturdayschool.jp 
・対象年齢:小学生1年生~3年生(9月以降、小学校高学年向けにも開講予定)
・開催場所:東京都目黒区中目黒3-1-9 第3千陽ビル7階(中目黒駅徒歩5分)
・定員:約10名
・英語力:問いません。基本的にレッスンは英語で行いますが、バイリンガルの先生がフォローに入るため、英語ビギナーの子どもでも楽しめる内容です。
・申し込み方法:WEB上の専用フォーム( http://www.saturdayschool.jp )より、氏名など必要事項を記入の上、1レッスンごとにお申し込み願います。

◆第一回 5月27日(土)開催:テーマ「世界のお金のこと」
「自分と同じ年齢のお友達は何を勉強しているのだろう?」国によって、勉強する内容が違えば、勉強の仕方も異なります。このクラスでは、世界中の子ども達の生活をみんなで見て、実際に体験することで教科書では学べない、文化や価値観の違いを学びます。「どんな給食を食べているのだろう?」「ドラマの授業って何をするのだろう?」日本、イギリス、デンマーク、中東などに住むお友達の時間割表を見て、地球の裏側には、こんなに違った生活をしている子ども達が暮らしている事実を知り、子ども達が感じた素朴な疑問について話し合います。

◆第二回 6月3日(土)開催:テーマ「世界の子ども達のこと」
「自分と同じ年齢のお友達は何を勉強しているのだろう?」国によって、勉強する内容が違えば、勉強の仕方も異なります。このクラスでは、世界中の子ども達の生活をみんなで見て、実際に体験することで教科書では学べない、文化やや価値観の違いを学びます。「どんな給食を食べているのだろう?」「ドラマの授業って何をするのだろう?」日本、イギリス、デンマーク、中東などに住むお友達の時間割表を見て、子ども達が感じた素朴な疑問について話し合います。地球の裏側には、こんなに違った生活をしている子ども達が暮らしているのです。

◆第三回 6月25日(日)開催:テーマ「世界と繋がるプログラミング1.」
プログラミング初心者向けのクラスです。前回より少しだけ発展した内容になりますが、最初から一緒に作るので初めてのお子さんもご安心下さい。「WEBサイトってどうやって動かしているのだろう?」普段何気なく見ているWEBページ。ネット上では世界中が繋がっていて、好きなときに好きな場所を訪れることができます。このクラスではWEBサイトの裏側を見ながら、自分だけのオリジナルWEBページを作ります。この回では前回より発展させ、動くWEBサイトの作成に挑戦します。WEBの世界がどのように作られているのか、どのように世界と繋がっているのか、目と手で感じてみましょう。

◆第四回 7月8日(土)開催:テーマ「世界と繋がるプログラミング2.」
プログラミング初心者向けのクラスです。前回より少しだけ発展した内容になりますが、最初から一緒に作るので初めてのお子さんもご安心下さい!「WEBサイトってどうやって動かしているのだろう?」普段何気なく見ているWEBページ。ネット上では世界中が繋がっていて、好きなときに好きな場所を訪れることができます。このクラスではWEBサイトの裏側を見ながら、自分だけのオリジナルWEBページを作ります。この回では前回より発展させ、動くWEBサイトの作成に挑戦します。WEBの世界がどのように作られているのか、どのように世界と繋がっているのか、目と手で感じてみましょう。

◆第五回 7月22日(土)開催:テーマ「世界の民族衣装のこと」
「他の国の人は、どんな衣装を着ているのだろう?」衣装はその国の文化や風習、気候などを反映しています。鮮やかな色合いのものや、体や顔を隠す衣装、簡単に着られるものから複雑なものまで。レッスンでは実際に、日本、ハワイ、韓国、コンゴなどの衣装に触れたり、着てみながら、子ども達が疑問に思ったことを中心にレッスンを進めていきます。「どうしてこんな形をしているのだろう?」「男性なのにスカートを履くの?」素朴な疑問から、色んな発見があります。各国の伝統ダンスやフェスティバルなどにも触れながら、楽しく世界に触れられるクラスです。

◆第六回 8月3日(木)~5日(土)開催:テーマ「世界と出会えるサマースクール」
様々な国の文化を学べる3日間のサマースクールです。みんなで一緒にヨーロッパの伝統ダンスを踊ったり、南米の料理を食べたり、アジアの民謡を歌ったり。世界を旅しているような感覚になれるクラスです。

◆講師陣

[画像2: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-839228-2.jpg ]


樋口亜希:北京大学国際関係学部卒。幼少期から大学をアメリカ、中国、日本で過ごす。リクルートを経て、株式会社Selan代表取締役就任。お迎えシスターとSATURDAY SCHOOLを運営している。 2017年、世界経済フォーラムGlobal Shapersメンバーに選出。



[画像3: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-871864-3.jpg ]


伊藤啓二:慶應義塾大学理工学部卒。在学中UCLAに1年派遣留学。アメリカ、日本で育つ。リクルートに勤務後、世界一周を経てシリコンバレー発の翻訳クラウドソースサービスgengoにて事業開発に携わる。株式会社Selan取締役。



[画像4: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-167287-4.jpg ]


巣籠悠輔:東京大学工学部システム創成学科卒(首席)、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻卒。Gunosy、ReadyFor、電通、Googleニューヨーク支社勤務を経て、2016年、医療ITスタートアップを共同創業。2016年9月より東京大学招聘講師。



[画像5: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-337490-5.jpg ]


平賀リサ:慶應義塾大学在籍中。幼少期をイギリスで2年、シンガポールで6年過ごす。塾や児童館での経験を生かし、子ども達のメンターとして活躍中。特技は創作ダンス。




[画像6: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-759162-6.jpg ]


小川ユミ:上智大学国際教養学部在籍。在学中スペインに留学。お迎えシスターやEnglish campなど子供と関わった経験が豊富。特技はダンス。




[画像7: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-286209-7.jpg ]


ラビンコ・タリア:早稲田大学国際教養学部在籍。18歳までハワイで生まれ育ち、高校生の時から子ども達に英語を教え、現在もお迎えシスターの先生として活躍中。特技はピアノ、絵画。


◆お迎えシスター( https://omsister.com/ )概要

[画像8: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-943994-1.jpg ]

・サービス内容:バイリンガル教師による子ども向けプライベート英語レッスン
・特徴:「厳選されたバイリンガル大学生」が教師である点が最大の特徴。幼少期に海外経験のある大学生は、日本全国で1.1%。その中から「海外経験3年以上」という応募条件に加え、ネイティブによる徹底した面接審査により、通過率20%という狭き門を突破した人材を教師として採用。日本人バイリンガルの強みを生かし、幼少期の外国語習得のノウハウを先生自身の体験をもとに子どもに伝授することが可能。
・開始日:2015年1月
・利用料金:入会金¥9,600
・スタンダードコース(バイリンガル先生による、お子様のためのカリキュラム&コンテンツ選
[画像9: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-105115-8.jpg ]



・インテンシブコース(専属チームによる、お子様のためのオーダーメイドカリキュラム&コンテンツ)

[画像10: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-292367-9.jpg ]

※別途、保険料及び講師の交通費として週1の場合月額5,000円、週2の場合月額10,000円頂戴します。
・申込みフォーム: https://omsister.com (まずは体験レッスンをお申込み下さい)


※アクティブラーニングについて
アクティブラーニングとは、「知る」という受動的な学びと異なり、「知ったことを通して、社会や世界と繋がりながらどのようにより良く生きていくか」を積極的に考える能動的な学びのことを指します。グローバル化、AIなど変化がめまぐるしい昨今、教育界では柔軟に対応できる人材を育成するアクティブラーニングに期待が寄せられています。また、アクティブラーニングは文部科学省の「新しい学習指導要領等が目指す姿」の中にも掲載されております。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1364316.htm

◆会社概要
社名: 株式会社Selan
代表者: 代表取締役 樋口亜希
所在地: 153-0061 東京都目黒区中目黒3-1-9 第3千陽ビル7階
設立: 2015年8月20日
資本金: 1,000万円
企業HP: https://omsister.com/

◆代表取締役 樋口亜希プロフィール

[画像11: https://prtimes.jp/i/23200/7/resize/d23200-7-839228-2.jpg ]

1989年生まれ。北京大学国際関係学部卒業。2、3歳の時に中国・武漢、10、11歳の時にアメリカ・ボストン、18歳~23歳まで5年間、中国・北京で過ごす。高校卒業後、単身で北京に渡り、9ヶ月間、毎日15時間の受験勉強を経て、大学入学。リクルートホールディングス、リクルートキャリアを経て、株式会社Selan代表取締役就任。バイリンガルお姉さんによる語学教育サービス「お迎えシスター」を展開。

◆お問い合わせ窓口
株式会社Selan 伊藤
TEL: 090-6955-8673
Email: info@omsister.com
本件プレスリリースのダウンロードはこちらより:https://prtimes.jp/a/?f=d23200-20170510-8962.pdf


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



お知らせ
PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

| プライバシーポリシー | よくあるご質問 |