オンライン「英文日記トレーニング。頻度:毎日」添削3万回を突破!中学2年生が1年半で英検準一級に合格。


[株式会社エベレスト]



都内2店舗で英語塾を展開する「英語塾エベレスト」が提供するオンライン「英文日記添削トレーニング」において3年で総添削回数が3万回を突破。英検対策無しで英検に合格している生徒が続々と出ている。

オンライン英文日記トレーニング
・対象:小学1年生~中学3年生
・売り:24時間以内に返答
・添削:ネイティブ講師 or バイリンガル講師

■成果(生徒の成長)
小学1年生の場合
[画像1: https://prtimes.jp/i/39339/5/resize/d39339-5-765573-9.jpg ]

小学5年生の場合

[画像2: https://prtimes.jp/i/39339/5/resize/d39339-5-993402-12.jpg ]



■添削内容(バイリンガル講師の場合)
[画像3: https://prtimes.jp/i/39339/5/resize/d39339-5-454701-11.jpg ]



■生徒の書き直しノート

[画像4: https://prtimes.jp/i/39339/5/resize/d39339-5-135683-5.jpg ]

■トレーニングの流れ
1.生徒が日記を投稿→ 2.講師が即添削→ 3.生徒が間違いを書き直し→ 4.教室チェック

■オンライン英文日記トレーニングとは?
[画像5: https://prtimes.jp/i/39339/5/resize/d39339-5-656569-6.png ]

エベレストの生徒は毎日、オンライン上に日記を投稿します。投稿した日記は、早くて1時間以内遅くても24時間以内に添削が届きます。ネイティブからの添削と日本語がわかるバイリンガルからの説明付きの添削と選択制となっています。6段階のレベル設定があり、レベルが上がると、エッセイ形式でのライティングを強化していきます。

■レベル分け
レベル1:自分の行動が伝えられる
レベル2:自分の行動が具体的に伝えられる
レベル3:自分の行動について感想が言える
レベル4:自分の行動について具体的な感想が言える
-------------------------------------------------------------------------------
レベル5:テーマに対して自分の考えを伝えられる(エッセイ形式)
レベル6:テーマに対して自分の考えを具体的に伝えられる(エッセイ形式)

■背景
 グローバル化の流れと共に英語が話せるという人は日本にもたくさんいるのが現実です。今後のグローバル化社会ではもはや英語力は単なるツールでしかありません。今後、将来の未来人である今の子供たち求められる力、それは「世界と対等に話し合える」思考力。
我々には、「様々なことに興味を持ち、自ら率先して情報を得るため行動する」ことができ、「意見を発信するため、対立を恐れず自信をもって話すことが出来る」「賛否の意見にも屈することなく、論理的に考えをまとめることが出来る」子供たちを育てる必要性があると考えております。

 レベル5&6ではlogical thinking & problem-solving(論理的思考力と問題解決力)を身につけるため、より高度なエッセイ形式へステージを上げていきます。ロジカルシンキングとは、物事の因果関係を分析し、秩序立てて矛盾なく述べ打開策を考え出す能力のことです。簡単に言えば、常に様々な方向から意見を述べることができるトレーニングをすること。エッセイライティングでこの習慣を身に着けることで、Speakingも格段に知的なものになっていきます。与えられるTopicに対しpros&cons(賛否両論)の意見を述べ、講師の意見に対しても持論をもって議論する訓練を繰り返す。一方的なライティングではなく、反論や質問が返ってくるSequence(連続)Essay指導を一定期間行っていきます。

■英語塾エベレストとは?
2015年の設立より、小学生、中学生を対象とした実践的な英語トレーニングと英語を習慣化する仕組みを提供している英語塾です。現在、文京区茗荷谷と、目黒区自由が丘で店舗展開をしています。テストのためでなく実践で使える英語を習得するために、習慣化トレーニングと実践授業で、1.日記 2.スカイプ 3.文法書を軸に、毎日英語を「話して、書く」トレーニングを提供。毎日英語を使うので、ゼロ勉でも1年半通った中学2年生が英検準1級。2年通った小学6年生が英検2級。1年通った小学4年生が英検準2級に合格しています。英語塾エベレストでは15歳までに準1級を自然に取れるレベル、または英語でディスカッションができるレベルまで育てていくカリキュラムを提供しています。" 留学前の準備機関" としても活用されることが多く、本物の実践力をつけたい学生が通学しています。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=9s5R7LSPXFo ]


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ