Blue Prism、マンチェスター大学とともにグローバル アカデミア プログラムを先駆け


[Blue Prism株式会社]

世界中の教育機関に業界随一のRPAソリューションを提供、将来のデジタル ビジネス リーダー育成を支援

ロンドンおよびオースティン(テキサス州) - 2018年4月9日 - RPA(ロボティック プロセス オートメーション)のパイオニアであり、「本物のエンタープライズ グレードのソフトウェアを開発する」というビジョンに忠実であり続けるBlue Prism(AIM: PRSM)は、グローバル アカデミア プログラム(Global Academia Program)を立ち上げました。本プログラムの目的は、「未来の働き方」に携わり、それを形作るために必要なスキルを習得できるよう、学生を支援することです。

Blue Prismは、本日、同社初の教育機関パートナーである、マンチェスター大学とともにプログラムの立ち上げを発表しました。このグローバル プログラムを通じて、Blue PrismはRPAソフトウェア、包括的なトレーニングや教材を世界中の高等教育機関に提供します。

「2001年にRPAを発明して以来、私たちは、本物のエンタープライズ グレードのRPAソリューションを提供するという方針を忠実に守ってきました。コグニティブ オートメーションやRPAソリューションに対する需要は、今や世界中で拡大しています」と、Blue PrismのCTO兼共同創業者のDavid Mossは語っています。「当社は常に広い視野に立ち、現在および将来の人材を育成するために、教育機関パートナーのネットワークの拡大を通じてテクノロジを共有するというビジョンを持っています。アラン・チューリングをはじめとする革新的なコンピュータ サイエンスのパイオニアたちを輩出してきたマンチェスター大学が、未来の働き方をともに形作るという取り組みに強い関心を持ってくれたことを嬉しく思っています。」

プログラム内蔵方式コンピュータ誕生の大学がRPAを採用
本プログラムの最初のパートナーである英国のマンチェスター大学は、Blue Prismのデジタル ワークフォース ソリューションを利用できるようになり、コンピュータ サイエンスの学生は、グローバル規模のRPAプロジェクトを構築できるようになります。当国立大学は世界初のプログラム内蔵方式コンピュータが生まれた場所であり、これまでに25人のノーベル賞受賞者を卒業生や教員から輩出しています。現代コンピューティングとAI(人工知能)の父とされるアラン・チューリングは、1948年から1954年までマンチェスター大学で教鞭をとりました。
アラン・チューリングについて:http://www.maths.manchester.ac.uk/about-us/history/alan-turing/

「マンチェスター大学の教育水準は世界的に高く評価されています。どのコースも学生が雇用されることを考慮して作られているためです」と、マンチェスター大学コンピュータサイエンス学部の研究部長であるGavin Brown氏は語っています。「Blue PrismとのパートナーシップによりRPAプラットフォームを利用できるようにすることは、各研究プロジェクトで最先端のAIテクノロジとともにこのテクノロジーを活用し、教員と学生に実社会の課題を与えるという、マンチェスター大学のコミットメントを裏付けるものです。」

「当社のビジョンはデジタル変革を具現化する将来のリーダーを支援することです。RPAは、MITやロンドン スクール オブ エコノミクスなど、さまざまな教育機関との提携を通じて、既に教育コミュニティに受け入れられています」と、Blue PrismのCEO兼共同創業者のAlastair Bathgateは語っています。「Blue Prismグローバル アカデミア プログラムによって、オートメーションの受容が加速するとともに、教育と仕事の接続が今後ますます進んでいくでしょう。」

アカデミア プログラムグローバルに展開
当プログラムは各大学に申請いただくことが必要です。利用が認められた教育機関には、Blue Prism RPAプラットフォームへのアクセス権、年間の教育機関限定ソフトウェア ライセンス、Blue Prism自主トレーニング キット(ATK)が提供されます。ATKにはBlue Prismの顧客やパートナーが利用している開発者基礎トレーニング (Developer Foundation Training)が含まれています。トレーニングとプラットフォームは、大学のネットワークを通じてアクセスすることができ、教育目的での利用が可能です。

プログラムに参加する教育機関は、20~30時間の基礎トレーニング コースは、自習用に提供することも、教員が指導する科目に作り変えることもできます。教員と学生は、Blue Prismポータルに登録することで、テンプレート、高度な認定オプション、開発ガイド ライブラリなどの補助的なリソースにアクセスすることができます。
Blue Prismポータル:http://blueprism.com/login

Blue Prismは、Knowledge Capital Partnersが独自に実施した顧客調査で、96%という最高の顧客満足度評価を得ました。この調査では、全世界のBlue Prismの顧客100社以上を対象として、プラットフォームの適応力、スケーラビリティ、セキュリティでの満足度、従業員満足度などを基準に評価が行われました。
レポートのダウンロード:http://info.blueprism.com/knowledge_capital_partner_blue_prism_rpa_review

「Blue Prismがこの実績のあるRPAテクノロジを世界中の教育機関に無償で提供を始めたことは、非常に称賛すべきことです。Blue Prismは次世代のイノベーター、ディスラプター、デジタル ビジネス リーダーの種をまいているのです。」と上記調査のメンバーであるLeslie Willcocks教授は述べています。

Leslie Willcocks教授と、Mary Lacityミズーリー大学情報システム教授兼MIT Center of Information Systems Research 客員学者は、サービス オートメーションに関する重要な3つの著作を出版しています。最新作として『Robotic Process and Cognitive Automation: The Next Phase(ロボティック プロセスとコグニティブ オートメーション: 次の段階)』(http://www.sbpublishing.org/)が出版されています。

2017年、Blue PrismはMITテクノロジ レビューの最もスマートな企業50社に選ばれたほか、2017 UK Tech awardsを受賞者しました。また、2018年のEverest ResearchのPEAK Matrix AssessmentレポートでRPAのマーケット リーダーとして認められました。この1年間で、定評のあるブランドが顧客リストにいくつも加わりました。AIG、Alberta Treasury Bureau、Allstate Insurance、Bechtel、Boeing、DeNA、DTE Energy、Dun & Bradstreet、Ericsson、Fannie Mae、GIC、Honda Motor Company、Kaiser Permanente、KBL Bank、Maybank、National Grid、Schroders、Sony Pictures、United Utilities、Walgreensなどです。

プログラムや申請方法の詳細については、Blue Prism Academia Programに関するWebページ(https://www.blueprism.com/academia)をご覧いただくか、training@blueprism.comまで電子メールでお問い合わせください。

Blue Prismについて
RPA(ロボティック プロセス オートメーション)のパイオニア、イノベーター、市場リーダーとして、Blue Prismは世界で最も成功しているデジタル ワークフォースを提供しています。ソフトウェア ロボットは繰り返し作業の自動化を実現するだけでなく、セキュリティ、コンプライアンス、スケーラビリティという重大かつ厳重なIT要件を満たします。

Blue Prismは最先端のAIおよびコグニティブ テクノロジを実現するためのスケーラブルで堅牢な実行プラットフォームを提供しており、Fortune 500社が選ぶ信頼できるセキュアなRPAプラットフォームとして認知されるようになりました。Aegon、BNY Mellon、Commerzbank、IBM, ING、Maersk、Nokia、Nordea、Procter & Gamble、Raiffeisen Bank、Siemens、Westpac、Zurichといった有名企業で、Blue Prismのロボットが何十億というトランザクション、何億時間にも相当する作業を実行しています。Blue Prism(AIM: PRSM)の詳細はwww.blueprismjapan.comをご覧ください。また、LinkedInおよびTwitterでBlue Prismをフォローしてください。


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ