「個別指導塾スタンダード」が、西日本豪雨被害を受けた方の授業料免除!広島、鳥取、兵庫など…全6都道府県が対象に


[株式会社個別指導塾スタンダード]



「子どもたちの“勉強したい”という気持ちを応援したい」

株式会社個別指導塾スタンダード(代表取締役:吉田知明/本社:福岡市博多区)は、平成30年西日本豪雨被害を受け、学習が困難な状況にあるお子さまを対象に「特別支援制度」を開始します。

中四国・関西・東海エリアの「個別指導塾スタンダード」各教室において、対象となる方には、平成30年12月末までの授業料を全額免除します。「個別指導塾スタンダード」は、学習が困難な状況にあるお子さまの「勉強したい」という気持ちを応援します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36397/1/resize/d36397-1-739368-2.jpg ]


<個別指導塾スタンダード 公式サイトURL>
https://std-ie.jp/

■個別指導塾スタンダード 平成30年西日本豪雨被害「特別支援制度」について
「個別指導塾スタンダード」では、東日本大震災や九州豪雨被害の際に、救済や被災地復興のため義援金の寄付や授業料減免制度などを行ってきました。今回の西日本豪雨被害を受け、学習が困難な状況にあるお子さまに「特別支援制度」を設け、お子さまの「勉強したい」という気持ちを応援します。
広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府、岐阜県の6都道府県に位置する教室を対象に、学習が困難な状況にある方には、平成30年12月末までの授業料を無料といたします。詳細は、下記の概要や公式サイトをご覧くださいませ。

<個別指導塾スタンダード 公式サイトURL>
https://std-ie.jp/

【平成30年西日本豪雨被害「特別支援制度」 概要】

◆対象エリア/個別指導塾スタンダード 中四国・関西・東海エリア 各教室
(広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府、岐阜県)
◆対象学年/全学年(小1~高3)
◆対象となるお客様/西日本豪雨被害に関する災害救助法適用地域の方で、以下の条件に該当し、継続して勉学に励む意欲のある生徒(現生徒含む)
・住宅損壊や焼失・浸水で避難・転居 ・国や地方自治体の指示で避難・転居
※「特別支援制度」利用にあたっては、罹災証明書の提出が必要です。
◆対象期間/平成30年12月末の授業分まで
◆支援内容/・授業料・運営費を全額無料。(月4コマまでの1:2/1:4指導コース)(新規・現生徒ともに)
・教材費 原則として、授業で使うテキストは無料支給。ただし、5冊を超える分については実費請求。
・HOMEスタディ、模試代、冬期講習費などは、受講する場合に実費請求。
※必要に応じて学用品(鉛筆、ノート、消しゴム等)の供与も行います。

■個別指導塾スタンダード について

[画像2: https://prtimes.jp/i/36397/1/resize/d36397-1-853323-0.jpg ]

「個別指導塾スタンダード」は、全国491教室以上を直営で展開する個別指導塾です。小・中・高学年、全教科に対応。お子さまと保護者さまのやる気に寄り添い、お子さまの個性を認め褒めて伸ばすことで、成績アップ・志望校合格へと導きます。お子さま一人ひとりに合わせた講師によるマンツーマン指導や、レベルに応じたオーダーメイドの個別カリキュラムなど、手厚いサポートのある学習環境をリーズナブルな価格でご提供します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/36397/1/resize/d36397-1-168507-1.jpg ]


<個別指導塾スタンダード 公式サイトURL>
https://std-ie.jp/


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ