【未来の働き方アカデミー】金城学院大学が未来の働き方を考えるイベントを開催。


[金城学院大学]

女性がより働きやすくなるアイデアを、女子学生が議論し発表!

金城学院大学(学長:奥村隆平/所在:名古屋市守山区大森二丁目1723番地)は、参加希望者を対象に「未来の働き方アカデミー」を、7月6日(木)に開催しました。学生たちは、社会の「働き方改革」の現状や実例などを特別講師によるセミナーから学び、その後のワークショップでは、新しい働き方のアイデアをディスカッションしました。

■グループワークでは、女性がより働きやすい社会になるためのアイデアを議論。
 考えたアイデアをプレゼンしました。
学科や学年の異なる5~6名が1チームになり、ディスカッション。制限時間30分という限られた時間の中で、より働きやすい社会のためのアイデアを出し合い、プレゼンボードを手書きでまとめあげました。プレゼンボードには色やイラストも使い、プレゼン時にパッと目をひくよう各チーム工夫を凝らしていました。イベントを終えて、「他のチームのプレゼンには、自分にはない発想のものがあって面白かった」「育児はキャリアの壁になると思っていたが、むしろ働き方を多様化させるきっかけになると感じた」などの意見があり、働き方に対して、広い視野や多角的な考え方を学んでいました。

<イベントで発表されたアイデア>
【アイデア紹介1.】
産休 Thank You!産休・育休後の復帰をしやすく!
産休・育休復帰後に育児アドバイス会を設けるなど、産休・育休の「休み前」「休み中」「休み後」の各段階で適した支援をするアイデア。長い目で見た支援で働くママを応援します。

【アイデア紹介2.】
育休が出るたび、他の社員に特典を!
「育休が取りたい」と言いづらい環境を改善するために、育休を取得する社員が出るたび、他の社員に臨時休暇などの特典を出すアイデア。育休を支える人にも注目したアイデアです。

アカデミーや各チームのアイデアについて、詳しくは下記サイトをご覧ください。
【未来の働き方アカデミー 開催レポート】http://www.kinjo-u.ac.jp/k-with-w
【アイデア掲載サイト】https://www.womenwill.com/japan/supporters/5758550181675008


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ