【Knewton Inc.】株式会社学研教育アイ・シー・ティーとの業務提携ならびに学研プリントDBサービス開始のお知らせ


[ニュートンジャパン株式会社]

~アダプティブ・ラーニング・テクノロジーを活用した塾向けプリント教材システム~

Knewton Inc.(本社:米国・ニューヨーク、Acting CEO and President:ライアン・プリチャード)は株式会社学研教育アイ・シー・ティー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北居誠也)と戦略的パートナーとしての業務提携契約を締結いたしました。

日本の初等中等教育市場では、タブレットやPCを活用する学習スタイルが台頭しつつある中でも、紙に書いて勉強するスタイルが変わらず重要視されており、その傾向は今後も続くと考えられます。この背景のもと学研プリントDBは、Knewtonの最先端のアダプティブ・ラーニング技術を活用して個別最適化された紙の学習プリントを塾の生徒に提供することを実現します。これにより塾の講師は、生徒の学習意欲の向上のための働きかけにより注力できるようになり、生徒の学習効果の向上が期待されます。

※学研プリントDBは2017年4月から塾向け「自立型個別学習 G-PAPILS」として発売。対象科目は算数・数学、英語、理科、社会。

株式会社学研ホールディングス 代表取締役社長:宮原博昭氏のコメント
学研グループは1946年の創業以来、日本の教育業界をリードして参りました。この度、従来からの紙の学習と最先端のデジタル技術のハイブリッド型の学習システムとして、学研プリントDBを提供できることをうれしく思います。学研の質の高い学習コンテンツとKnewtonのアダプティブ・ラーニング技術により実現された全く新しい教育システムを通して、一人ひとりに合わせて最適化された学習機会を学校・塾・家庭へと提供して参ります。

Knewton Inc., Acting CEO & President:ライアン・プリチャードのコメント
Knewtonのアダプティブ・ラーニング技術は世界中で採用され続けていますが、今回さらに学研プリントDBのサービス開始により、より多くの学習者に当社の技術を提供できることを大変うれしく思います。この提携の最もすばらしい点は、Knewtonの技術により、生徒が学校以外で学習する時間の学習効果を最大にするお手伝いができることです。

株式会社学研教育アイ・シー・ティー 会社概要
新しい教育のトレンド、特に教育のICT化にいち早く対応する目的で2014年10月設立。学研グループ会社のコンテンツ・システム・ノウハウを集約し、「学校、塾や教室、家庭」に教育ICTサービスを提供しています。ICTを通じて、「答えのない時代」を生きる子どもたちの「学び続ける」力を育みます。

Knewton Inc. 会社概要
Knewtonは、「すべての学習者一人ひとりに最適な学習を」をミッションに、2008年米国での創業設立されたアダプティブ・ラーニングのリーディングカンパニーです。Knewtonのテクノロジーは、これまでに全世界の約1,300万人以上の学習者に活用され、レコメンデーション回数は250億にのぼります。世界20ヶ国で30社以上の教育企業・機関とパートナーシップを締結しています。
Knewtonのプラットフォームは学習過程で収集されるビッグデータを独自のアルゴリズムに基いて解析し、学習者にはリアルタイムに個別最適化された学習ステップを提示し(レコメンデーション)、さらに学習者と指導者や保護者には、学習の進捗状況を実績と予測の2つの観点からの分析(アナリティクス)で、目標に対しての学習の現在地の可視化を実現します。
https://japan.knewton.com/

<本件に関する連絡先>
ニュートンジャパン株式会社
lead-gen-jpn@knewton.com


---------------
Gakken Educational ICT Co. and Knewton Launch Gakken Print DB
Adaptive print technology to support students in “cram schools”

TOKYO (April 11, 2017)– Gakken Educational ICT Co., Ltd, part of Gakken group and one of the most prestigious and long-standing Japanese educational companies, has partnered with Knewton, the world’s leading adaptive learning company, to bring adaptive instruction to students in grades 1-9 who are attending jukus, or specialized after school programs.

In the Japanese K-12 market, studying with pencil and paper is still highly valued. Leveraging Knewton’s leading-edge adaptive platform, Gakken Print DB utilizes Knewton’s recommendations and analytics to print out customized worksheets for individual students based on their educational progress. This personalized instruction will be deployed at juku (also known as “cram schools”) across Japan, freeing up instructors to focus on students’ motivation and engagement.

Hiroaki Miyahara, CEO of Gakken Holdings, Co. Ltd. said, "Gakken Group has been a leading educational company since established in 1946. We are excited to provide Gakken Print DB, which is a hybrid of historical pencil and paper learning and cutting-edge digital technology. It leverages a new personalized learning system for schools, cram schools, and home combining Gakken's high-quality content and Knewton's adaptive learning platform.”

Gakken Print DB will be available as part of Gakken’s G-PAPILS in April 2017. It will cover math, English, science, and social studies.

“We’re seeing the impact of Knewton’s adaptive learning around the world and Gakken Print DB allows more students to benefit from this technology,” said Ryan Prichard, Knewton’s acting CEO & President. “What’s truly exciting about our partnership with Gakken is that we will help students make the most of this extra time they are studying outside of normal school hours.”

Students attend cram schools in Japan from the early grades in elementary school through high school. The purpose is to ensure students know what is required for each phase of schooling, and to prep for the entrance exams at the next school level. The ultimate level of entrance exam is university exam. Gakken believes in supporting this preparation and the Knewton-powered Gakken Print DB enables this.

Gakken has been serving Japanese students in the educational market for 70 years. Since its inception in 2008, Knewton has served more than 25 billion recommendations to over 13 million students in 20+ countries.

About Gakken Educational ICT Co.
Gakken Educational ICT was established on October 2014 as a Gakken Group company. By gathering the contents, systems, and knowledge of Gakken Group, it provides Educational ICT services for schools, cram schools/classrooms, and homes who are looking to pursue the best way to foster the ability and mindset of learning for children, especially when there’s not a predefined “right answer.”

About Knewton
With Knewton, every student gets a more personal learning experience. Teachers, schools, and education companies around the world use Knewton to power digital course materials that dynamically adapt to each student’s unique needs. Knewton provides students with tailored recommendations for exactly what to study, teachers with analytics to better support each student, and publishers with content insights to develop more effective digital products.

Knewton was founded in 2008 and has offices in New York City, London, and Tokyo.


このほかのリリース

データ提供:PR TIMES
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは
株式会社 PR TIMES ( release_jiji@prtimes.co.jp ) までご連絡ください。
製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。



お知らせ
PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

| プライバシーポリシー | よくあるご質問 |