オリンピック・パラリンピック通信

2017年12月14日更新

東京2020 大会マスコット いよいよ小学校投票へ

蔵前小学校の児童らが参加して行われた2020年東京五輪、パラリンピックのマスコットデザイン公募開始セレモニー=2017年8月1日、東京都台東区【時事通信社】

 東京2020組織委員会は、東京2020大会の顔となる大会マスコットのデザインを公募し、選考を行っています。応募総数2042件の中から最終候補作品(3、4点を予定)を選び、12月上旬に発表予定です。その後、全国の小学校のクラス単位で投票を実施し、決定します。これはオリンピック・パラリンピックの歴史上、初めてのことです。 投票には、日本に住む外国人の小学生も、外国に住む日本人の小学生も参加できます。大会マスコットを選ぶのは、日本とつながるすべての小学生の皆さんです。多くの小学校からの投票をお待ちしています!(2017年10月23日)

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ