教育現場のための健康医療ニュース

●児童生徒の糖尿病に理解を 教職員向けに「教室」
発病前の予備軍までを含めれば2000万人以上と推計され、大きな問題になっているのが糖尿病だ。幼少期に糖尿病と診断された子ども約1万人前後に上るという試算もある。このため、小中学校など教育現場でも、患者である児童生徒への支援体制の整備と、糖尿病ではない周囲の児童生徒たちに病気への理解
≫続きを読む

●日焼け止めを正しく使う 皮膚炎起こす危険も知って
真夏に向かって、紫外線(UV)の地表への照射量が増大する季節となった。水着になる海水浴やプールだけでなく、日常生活でも脚や腕などを中心に体を露出させる服を着る機会も増えてくる。UVによる皮膚へのダメージから生じるしみや過剰な日焼けを嫌って日焼け止めのクリームやパウダーなどを使う人
≫続きを読む

●子どもの意識変え、社会を変えるがん教育を =現場の言葉で伝えたい―林和彦東京女子医大がんセンター長
「がん教育」に取り組む小・中・高校が少しずつ増えている。東京女子医科大学がんセンター長の林和彦教授は、外部講師として授業に出向き、実践を重ねるトップランナーの一人。「がんの知識を付けるのではなく、防災や人権の教育と同じように、がんに対する意識を変える教育をしたい」と語る。
≫続きを読む

●子どもの皮膚炎「とびひ」 プールの季節は要注意
夏を迎えて学校や幼稚園、保育園でプールが始まると、小さな子どもを中心に流行するのが「とびひ」と呼ばれる皮膚病だ。汗を乱暴に拭ったり、あせもができてしまったりして皮膚表面の表皮に傷が付き、そこから細菌が侵入して起きる感染症で、正確には「伝染性膿痂疹(のうかしん)」と名付けられている
≫続きを読む

●子どもの受動喫煙防止の徹底を=東京、来春から新条例施行
たばこの煙が健康に有害なのは常識。だが、禁煙対策に取り組む専門家は「被害の深刻さに対する一般の理解はまだ不十分だ」と言う。特に、他人の煙にさらされる「受動喫煙」の有害性について、軽く考えている人が多そうだ。東京都議会が10月、自宅の部屋やマイカーといった私的空間でも受動喫煙から子ど
≫続きを読む

●10代選手の低体重と無月経、一生を左右=東大病院「女性アスリート外来」の能瀬さやか医師
女性アスリートには特有の健康問題がある。月経周期の異常や骨密度の低下、利用可能エネルギー不足などが代表例で、厳しいトレーニングや行き過ぎた体重制限が原因になっていることが多い。東大医学部付属病院(東京都文京区)女性診療科・産科は今年4月から「女性アスリート外来」を開設、こうした問題
≫続きを読む

●コンタクトレンズのリスク=使用誤れば障害も-井上智子医師
装着のしやすさからコンタクトレンズの普及に一役買ったソフトコンタクトレンズ。進学や就職などを機会にコンタクトレンズにしようという若い人たちを中心にユーザーを増やし、本来の視力矯正に加えてイメージを良くするためのファッションとしても使われるようになった。しかし、落とし穴もある。眼球に
≫続きを読む

●熱中症に備えよう=大事な室温管理、食事にも配慮
2017年は、梅雨入り前から各地で真夏日が報告され、厚生労働省などが熱中症への警戒を呼び掛けている。救命救急医療の専門家と管理栄養士に注意点を聞いた。熱中症診療ガイドラインの作成に携わった帝京大医学部付属病院救命救急センター長(東京都板橋区)の三宅康史教授は熱中症の怖さを熟知してい
≫続きを読む

●受験失敗のケアを=親も一緒に落ち込まない(下)
中学や高校の入試で不合格となったとき、親が子供と一緒に落ち込んでいてはますます悪い結果をもたらしかねない。小野准教授は親子がつらい体験を受け止めていくためには、規則正しく、健康的な日常生活を送ることが大切だ、と語る。志望した中学に落ちることもあるだろう。その時には、「あの名門高に入
≫続きを読む

●受験失敗のケアを=大きい思春期のショック(上)
受験競争が厳しいのは大学だけではない。受験に有利な中高一貫教育の中学や有名大学への進学率が高い高校へ進むためのハードルは高い。問題は受験の失敗が与える影響だ。東京慈恵会医科大付属病院精神科の小野和哉准教授は「思春期は、体と心の両面で大きな変化を迎える。それは小学校から中学校へ進学す
≫続きを読む

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ