企業・団体が提供する教材・講師派遣等 授業で役立つプログラム集

はじめてのお金の時間~「使う」「貯める」「借りる」の流れを考える~

中学校
配布教材
家庭科
公民科
金融経済教育
消費者教育
キャリア教育
アクティブ・ラーニング

お金について「使う」「貯める」「借りる」の3つの視点から考える教材

収入や支出、貯蓄やローン・クレジットについて学ぶ、中学生向けの教材です。
新学習指導要領に対応した、「個人や企業の経済活動における役割(経済の三主体、消費支出・非消費支出等)」「金融などの仕組みや働き(間接金融、直接金融、銀行の役割・業務、Fintech等)」、「計画的な金銭の管理(家計管理、支払方法の特徴、三者間契約・二者間契約等)」などのテーマについて、社会科や家庭科等、各教科から多面的に学習できます。
グループワークやディスカッション、シミュレーションを取り入れた内容となっており、生徒の主体的な活動を促します。

本教材は、(公財)消費者教育支援センター主催 消費者教育教材資料表彰2018において、優秀賞を受賞しました。

プログラム内容

単元の導入やまとめなど、短時間からの活用が可能

テーマごとにプログラムが分かれており、1テーマ15分から実施可能です。授業の一部から導入できるほか、複数のテーマを組み合わせて1コマの授業にすることもできます。
「生徒用資料集」のほか、そのまま授業に活用できる「授業進行スライド」、「ワークシート」、「授業進行台本」を提供しています。

中学生のためのお金に関する3つのテーマと7項目

・テーマ1【お金を使う】
「お金はどこからやってくる?」…収入、経済の三主体、経済活動への参加等について学べます。
「お金はかしこく使おう」…家計管理、必要なものと欲しいもの等について学べます。
「キャッシュレスってなに?」…現金以外の支払い方法、電子マネー等について学べます。    

・テーマ2【お金を貯める】
「どうしてお金を貯めるの?」…貯蓄の目的、方法等について学べます。
「どうしてお金を預けるの?」…銀行預金の特徴、口座の開設方法等について学べます。    

・テーマ3【お金を借りる】
「『クレジット』について」…三者間契約とに者間契約、クレジットカードによる支払方法の特徴や注意点等について学べます。
「『ローン』について」…ローンの仕組み、役割、注意点、信用等について、住宅購入のシミュレーションを通して学べます。

   

利用者の声

【先生の感想】
  • まんがによる和やかな導入や、スライドを確認しながら班で相談してワークシートを埋めていく作業を通して、お金の流れを視覚的にとらえさせることができた。
  • 教科書には記載されていないお金の話がわかりやすくまとまっているため、資料として活用できた。
  • 「ローン」や「クレジット」など言葉は知っているけど、中身を知らなかった生徒が多かったが、詳しく教えることができた。
【生徒の感想】
  • 使ったお金がめぐりめぐって自分たちのもとに戻ってきていること、お金は循環していることがわかった。
  • 必要なものと欲しいものをしっかりと考えて、お金を使っていきたいと思った。
  • お金は循環していて、そのおかげで生活が成り立っているということがわかった。

実績

生徒用資料集:全国250校、約2万部を配布(2018年1月配布開始)。

補足

※教材に関する費用はかかりません。
※すべての教材はWEBサイトでも閲覧・ダウンロードが可能です。
》全国銀行協会 授業で使える教材「はじめてのお金の時間」

企業団体

一般社団法人全国銀行協会

一般社団法人全国銀行協会「はじめてのお金の時間」
「はじめてのお金の時間」申込書(PDF)

※リンク先のコンテンツのご利用については、リンク先のページに記載されている利用条件をご確認ください

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ