時事通信社 教育奨励賞

2017年10月12日更新

学び合いで生き抜く力

第31回時事通信社「教育奨励賞」努力賞受賞校
福岡市立東光中学校

 九州の陸の玄関口、JR博多駅が校区にある福岡市東光(とうこう)中学校(元主浩一校長、生徒数187人)は、数年前まで校内暴力や学級崩壊による「荒れた時代」が続いた。しかし、2013年度に生徒同士が自発的に教え合う、学び合いの学習法を導入し、変化が起きた。市内で最低水準だった学力は、平均を上回るまでに上向き、校内暴力も激減。遅刻は減り、不登校の生徒はゼロになった。他校で不登校を経験した生徒が転入し、元気に登校する姿を見ることもできる。
 元主校長の掛け声の下、全教科、全授業で実践している学び合いは、運動会などの行事や清掃、生徒会活動にも採り入れられ、仲間意識やリーダーとなる人材の育成にも貢献している。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ