時事通信社 教育奨励賞

2017年9月21日更新

9年間で考える「地域のこれから」

第31回時事通信社「教育奨励賞」努力賞受賞校
京都市立大原小学校・大原中学校

 京都市左京区の市立大原小学校・大原中学校(石飛聡校長、児童生徒数68人)、通称「京都大原学院」は2009年4月、隣接する小中2校を統合して開校した施設一体型小中一貫校だ。特色は、設立当初に掲げた「学校・地域・保護者が一体となった特色ある学校づくり」にのっとった地域ぐるみの教育活動。観光客によるごみの増加をきっかけに、中学生が自主的に始めた「大掃除」は、地域との結び付きを深め、多方面での地域学習につながっている。地元農家などとの交流を通じ「大原のこれから」を日々考える児童生徒らは、9年(中学3年)時に「大原提言(卒業論文)」を発表し、地域での学びを集大成する。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ