時事通信社 教育奨励賞

2017年9月7日更新

模擬会社で地場農産物を製品化

第31回時事通信社「教育奨励賞」努力賞受賞校
石川県立翠星高等学校

 創立140周年を迎える石川県立翠星(すいせい)高等学校(山崎恵校長、生徒数460人)では、生徒が「株式会社」を経営し、地場農産物を使った「6次産業化」に取り組んでいる。授業で学ぶ食品加工や成分分析の知識を生かし、資金の確保や地元の農家からの原材料調達、製造、販売に至るまで、全ての作業を生徒が行う。社長を務める南房貫太さん(17)は、地元産野菜から作った食品を「全国的に知られるブランドにしたい」と意気込む。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ