教育界の試み

2018年5月24日更新

第Ⅰ部 教育とは何か

第三章 社会化と教育 ―先の教育論に対するもう一つの批判―

 教育は、教える者と教えられる者が人間として知るべき同じことを同じように知ることを目指す営みである。この意味での教育が成り立つためには、教える者と教えられる者の双方がともに知って受け入れるべきことがあるのでなければならない。そしてまた、その同じことを同じように知るだけの能力をもつのでなければならない。この二つの条件があればこそ、教育が始まる時点では、一方が知り、他方が知らない状態であったのに、教育が終わる時点では、双方が同じことを同じように知る状態になることができる。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

この連載は、書籍からいくつかの内容を抜粋して掲載しております。
書籍の詳細を知りたい、書籍の購入を希望される場合には、こちらからご確認ください。

書籍の詳細を確認する

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ