教育界の試み

2018年4月12日更新

はじめに

 教育とは何か。ごく素直に考えれば、教育とは子どもに知らないことを教える営みだといえよう。ところが、教育学を学ぶと、最近のところで、そうではないと教えられる。教育とは、教師が子どもに知らないことを教えるのではなく、子どもの内にあるものを引き出す営みである、と。もう少し普通の言い方をすれば、子どもが知らないことを教えて覚えさせるのではなく、子どもが(幸運に恵まれれば)自分自身で知りうることを、確かに自分自身で知る(発見する)ように手助けする営みだといわれる。そして、こう考えなければならない理屈を教えてくれる。たとえば次のように。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

この連載は、書籍からいくつかの内容を抜粋して掲載しております。
書籍の詳細を知りたい、書籍の購入を希望される場合には、こちらからご確認ください。

書籍の詳細を確認する

バックナンバー

2018年4月12日
第1回 はじめに
PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ