ABOUT

最高水準の教育情報をいち早くお届けします!

教育基本法や教育関連3法の相次ぐ改正、教員免許への更新制導入、「学力」向上への取り組みの加速など、「教育の潮流」はいまや急速に、大きく、転換しつつあります。最も歴史と権威のある教育専門誌「内外教育」は、国や地方、海外の教育界の動きを的確に、タイムリーに報道します。

最新号の見どころ紹介

【11月16日号】
連合は10月18日、公立小中学校や高校などの教員に実施したアンケート結果を公表した。残業代を支払うよう制度を見直すことに86.3%が賛同。20、30代の約9割が「時間内に仕事が処理しきれない」と多忙を訴えた。調査は9月中旬にインターネットで実施。調査会社のモニター会員のうち全国の公立小中学校、高校、特別支援学校などに勤める20歳以上の教員1000人から回答を得た。連合によると、傘下の日教組組合員に対する調査は過去にあるが、組合員以外を含む調査は初めて。

【11月13日号】
低所得世帯の子ども向けに無料学習会を運営するNPO法人キッズドアは10月2日、学習会に通う中学生や保護者の実態を調査した結果を公表した。低学力の子どもには、食生活が乱れ、文化的体験が少ないといった傾向があると判明。学習会に通うことで、勉強時間の増加や自己肯定感の向上といった効果がみられることも分かった。

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ