ABOUT

最高水準の教育情報をいち早くお届けします!

教育基本法や教育関連3法の相次ぐ改正、教員免許への更新制導入、「学力」向上への取り組みの加速など、「教育の潮流」はいまや急速に、大きく、転換しつつあります。最も歴史と権威のある教育専門誌「内外教育」は、国や地方、海外の教育界の動きを的確に、タイムリーに報道します。

最新号の見どころ紹介

【7月21日号】
文部科学省は13日、現行の大学入試センター試験に代えて実施する「大学入学共通テスト」の実施方針を決めた。2023年度までは同テストの英語試験を継続して実施し、民間の資格・検定試験と併せて各大学が選択利用できるようにする。24年度以降は、民間試験に完全移行する。文科省は今後、民間試験の認定要件についてセンターと調整しながら検討を進める。今秋頃までには概要を固めて運営者からの申請を募り、年度内にも認定を行う方針だ。

【7月14日号】
 ドイツでは9月に総選挙が予定されている。知的障害がある有権者にとっても、選挙権を行使する貴重な機会だが、知的障害者には、選挙の仕組みや政党の公約についての理解しやすい情報が少ない。こうした課題に対処しようと、独北部のハノーバー大学は毎年、自己決定をテーマに知的障害者と学生が共に学ぶ講座を開き、知的障害者が情報にアクセスできる場を提供してきた。講座で議論した内容は分かりやすい言葉で冊子にまとめ、広く障害者が入手し、学べる仕組みも確立した。6月2日行われた同大の講座の模様を紹介する。

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ