教育議論の作法

2015年2月26日更新

【コラム】不良が消えた?

 息子が『魁!クロマティ高校』( 講談社)を買ってくるので、私も面白がって読んでいる。このマンガには、かつての不良やワルのような高校生が続々と出てくる。見かけはワルだし、ケンカやカツアゲなんかもしょっちゅうやっているのだが、みんなどこか抜けていて、実はいいヤツだったりする。ギャグの無意味さと、登場人物のおバカさに笑ってしまう、というマンガである。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

この連載は、書籍からいくつかの内容を抜粋して掲載しております。
書籍の詳細を知りたい、書籍の購入を希望される場合には、こちらからご確認ください。

書籍の詳細を確認する

バックナンバー

2015年2月12日
第19回 【コラム】 子どもの空想、あるいは妄想
2015年1月29日
第18回 【コラム】 私探し
2015年1月15日
第17回 【コラム】 学歴格差是正への処方箋
2014年11月27日
第16回 第4章 教育はどう変わるのか
教育改革について考えてみる「心の自由」をめぐる攻防
2014年11月13日
第15回 第4章 教育はどう変わるのか
教育改革について考えてみる「学校をもっと自由にしろ」という方向
2014年10月30日
第14回 第3章 子ども・学校・社会
時代の変化、「青年」の変化 「若者」に古くささを感じていたころ
2014年10月16日
第13回 第3章 子ども・学校・社会
道徳の教育不可能性 「道徳教育」というマジック・ワード
2014年10月2日
第12回 第3章 子ども・学校・社会
なぜ教えるのか、なぜ学ぶのか 「受験のため」の三つの効用
2014年9月18日
第11回 第3章 子ども・学校・社会
教員と親の関係を組み立て直す裁量の道は? かつては「教育は学校に一任」だった
2014年9月4日
第10回 第2章 迷走する教育改革
教育は達成できる目標ばかりではない ―PDCAサイクル―
2014年8月21日
第9回 第2章 迷走する教育改革
教員集団の同僚性と協働性を壊すな 教員を育てる文化
2014年8月7日
第8回 第2章 迷走する教育改革
教員集団の同僚性と協働性を壊すな チーム労働としての教職
2014年7月24日
第7回 第2章 迷走する教育改革
教員集団の同僚性と協働性を壊すな 教育改革のしわ寄せ
2014年7月10日
第6回 第2章 迷走する教育改革
教育には混沌、雑然さが必要
2014年6月26日
第5回 第1章 教育界の怪しい言葉 
「教育力」には政治の匂い 家庭に干渉しようとする行政
2014年6月12日
第4回 第1章 教育界の怪しい言葉 
「教育力」には政治の匂い
2014年5月29日
第3回 第1章 教育界の怪しい言葉 
教育の「マジック・ワード」 思考停止させる機能を持つ言葉
2014年5月15日
第2回 第1章 教育界の怪しい言葉 
教育の「マジック・ワード」 教育を「立体的」に考えるために
2014年5月1日
第1回 はじめに
PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ