教育法規あらかると

2018年3月22日更新

教育法規あらかると 第76回

「給特法」見直しの行方

 教員の働き方改革を審議している中央教育審議会の特別部会は、12日、「中間まとめ」を公表した。中間まとめは、学校現場の長時間労働解消に向け、教員の担うべき業務の明確化や勤務時間管理の適正化等について具体的な改善策を示している。だが、改革のキーポイントとなるべき給特法(公立の義務教育諸学校の教育職員の給与等に関する特別措置法)の見直しについては、「引き続き議論を進めていく必要がある」として、結論を先送りしている。

会員登録されると「教育支援サイトesjijji.com」が配信するコンテンツが全て無料でご覧いただけます。会員登録についてご不明な点は「よくあるご質問」をご覧下さい。

PDFサンプル版はこちら
(ファイルサイズ 約 2.5 MB)
12/12 更新
SSL グローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシーよくあるご質問お問い合わせ